クラウドコンピューティングサービス環境の進展を促進する日本マーケティングプライバシー認証機構web

クラウドコンピューティング ファンダメンタル検定試験(CCF)

理事長 斎藤信男

特定非営利活動法人日本マーケティングプライバシー認証機構
理事長 斎藤 信男   (慶應義塾大学名誉教授 工学博士)

近年のコンピュータ技術の進歩により、ICT環境は目覚しい発展を遂げています。クラウドコンピューティングはその最先端の利用形態の一つですが、その大きな将来性とともに、 そこで扱う情報の種類によっては、プライバシー・セキュリティ・コンプライアンスなどを含めたICT ガバナンス上の問題が懸念されています。クラウドコンピューティングサービスの提供者と利用者双方が協働してクラウドコンピューティング サービス環境の進展を促進するために技術知識、経験、能力を有する人材の育成が急務です
クラウドコンピューティング検定試験(CCF)はICT関連人材育成において大きな アドバンテージを生み出すと信じております。


クラウドコンピューティング検定試験は、クラウドコンピューティングに関する包括的かつ広汎な基本知識を持っていることを証明する検定試験です。

当検定試験は、経済産業省が定めた指標である「ITスキル標準」(ITSS)の職種、ITスペシャリスト、アプリケーションスペシャリスト、ソフトウェアディベロップメント、カスタマーサービス、ITサービスマネジメントの5職種において、特定非営利活動法人スキル標準ユーザー協会より、「ITスキル標準」(ITSS)レベル2の認定を受け、ITSS ISVマップ表Ver6 r1に掲載されました。

ITスキル標準(ITSS)とは、経済産業省が2002年12月に各種IT関連サービスの提供に必要とされる能力を明確化・体系化した指標であり、産学におけるITサービス・プロフェッショナルの教育・訓練等に有用な「ものさし」(共通枠組)を提供しようとするものです。

≪クラウドコンピューティング検定試験概要≫

当検定試験の合格のためにはクラウド環境を前提としたICTのフレームワークと要素技術に関する包括的な知識が必要です。

例えば、大量データの取扱を含む『クラウドデータ管理』の知識や、クラウド環境を構築・生成・活用し提供する技術とデータセンターなど物理的な基盤や制度設計等の『クラウドプラットフォーム』の知識、サービス利用者・提供者・技術開発者に対して必要となる『クラウドICT人材養成』に関する知識、さらにはセキュリティ&プライバシーを含む規範遵守、クラウドサービス技術および全体のコンピューティングプラットフォーム、 ICTガバナンス等、広汎な知識が必要になります。

試験時間 各90分
受験資格・対象

どなたでも受験が可能です。

(対象例:クラウドコンピューティングプロバイダーの方、ICT製品ベンダーの方、サービス利用企業の方、その他クラウドコンピューティングサービス関係の方等)

試験形式

オープンブック試験(持ち込み可)但し、本機構が配布するテキストは除く

合格ライン 正答率80%以上
受験料

15000円(消費税別)

※合格ラインに達せず再受験を希望される方の受験料は50%割引が適用去れます。

※当検定試験は、参考書及びノート等の試験会場への持込可能なオープンブック方式による試験です。但し、ノートパソコン、携帯電話等は持込不可です。

≪クラウド検定取得の特徴・メリット≫

企業にとってのメリット
・企業の人材資産のクラウドコンピューティング技術力レベルの高さを、外部にアピールできます。
・企業内の公平で客観的な人材の評価制度のために利用できます。
・企業は、人材の育成・研修の成果を確認を確認することができます。
個人にとってのメリット
・クラウド全般知識を有していることを対外的にアピールできます。
・保有スキル・能力を客観的に認識でき、キャリアアップ・スキルアップに役立ちます。
・クラウドコンピューティング検定試験の合格者は、「認定クラウドコンピューティングアドバイザー」の資格が付与されます。
同時に検定試験合格証が交付され、検定試験合格ロゴマークが提供されますので、【認定クラウドコンピューティングアドバイザー】の名称で名刺に記載するなど、肩書きとしてご使用いただけます。


企業内でまとまった人数での受験を希望される場合は、日時や場所を別途設定できるオンサイト試験(企業内受験)が可能ですので、事務局までお問い合わせください。